季節湯一覧

季節湯一覧

日本には季節ごとに旬の植物や果物でお風呂を楽しめる「季節湯」があります。

端午の節句の「菖蒲湯」や冬の冬至の「ゆず湯」などの薬効は広く知られていますね。

身近にある季節の祝物のお湯色や香りで、効能をぜひ楽しんでみてください!

日本のお呂文化を季節湯入浴剤で楽しむ!

1月【松湯】

松湯

松湯は「松の葉」を使ったお風呂です。

日本では、お正月の年初めには門松を飾りますが、松は「待つ」につなげて「神を待つ木」とも言われ、とても縁起の良い木とされています。

松の葉の精油成分には、α-ピネンやカフェインなどのテルペン加工物が主に含まれています。殺菌作用や浄化作用、また血行促進の効果でカラダは温まり、心地よい森の香りは森林浴のような気分です。

年の初めはぜひ松湯であたたまって、良いスタートにしてみませんか?

松湯の効能と作り方や手軽に楽しめる入浴剤をこちらでご紹介しています。

関連PAGE松湯で年の初めは不老長寿を願う!

 

2月【大根湯】

大根湯

2月は旬の大根の葉を使ったお風呂です。

大根に豊富に含まれるビタミンやミネラルはカラダをあたためてくれます。

大根湯は保温効果が高いお風呂になるため、昔から冷え性対策として使われてきたそうですよ。塩化物や硫化イオンの温泉成分が皮膚のたんぱく質と結合して膜を作り、保湿効果を高めてくれます。

2月の乾燥したお肌もしっとりとする嬉しい効果の「大根湯」です。

旬の時期になると、大根はまるまると売られていますね。葉っぱの付いた新鮮な大根は栄養も豊富です。

栄養がたくさんの葉っぱを干して、お風呂に入れてしまいましょう!

旬の大根を使った大根湯の作り方をこちらでご紹介しています。

 

 

3月【よもぎ湯】

よもぎ湯

3月の季節湯 は、薬草のよもぎを使った「よもぎ湯」。

よもぎは自然に自生する高さ1メートルほどのキク科ヨモギ属の多年草で、昔から草餅やよもぎ餅の材料として日本では広く親しまれています。

よもぎは漢方名で「艾葉(がいよう)」と呼ばれており、中国では、艾とは「疾(やまい)を艾する(病める」という意味があるそうです。

栄養価も高く健康食としても注目されていますね。

寒かった冬の疲れもたまっていませんか?よもぎの香りには、ストレス解消やぐっすりと睡眠できる安眠効果もあるといわれています。

早春のいい香りがするよもぎ湯で温まって、冬の疲れとコリをほぐしてしまいましょう!

関連PAGE3月のお風呂はよもぎ湯で冬の疲れをとりましょう!

 

4月【桜湯】

さくら湯

日本の春と言えば「桜の花」。

ほとんどの人はきれいな桜の花のイメージを想い浮かべますよね。

桜湯で使うのは薬用効果の高い葉や樹皮ですが、お花を浮かべるお風呂もリラックス効果と優雅な気分を味わえて春の気分を堪能できます。

桜のキレイな香りを楽しんでみてくださいね。

最近ではお花屋さんなどで桜が枝が売られていたりしますので、サクラの枝はご購入されたものなどを使ってください。また、漢方薬局でも桜の樹皮がありますので、そちらも相談されてみてください。

関連PAGE4月はさくら風呂で心とカラダをリラックス⁉

 

5月【菖蒲湯】

菖蒲湯

独特の香りを持つ菖蒲には、厄除けや清める力があると古くから信じられてきた植物です。

菖蒲湯は、5月5日の「端午の節句」に入るお風呂です。

昔から端午の日には、邪気を払う薬草(菖蒲)でお風呂に入ったり、菖蒲酒を飲んだり、菖蒲を束ねたものを軒先につるすなど無病息災を願ってきたそうです。

基本的には買ってきた菖蒲をそのまま浴槽に入れるだけでOKです。

関連PAGE 5月は菖蒲湯で邪気を払おう!

 

6月【どくだみ湯】

6月になると日本では、ドンドン湿気も多くなり暑さも感じられる季節ですね。6月の梅雨の時期になると、どくだみは道端で小さな白いお花を咲かせています。

どくだみと聞けばあの独特の香りがする植物ですが、日本では古くから薬草として親しまれてきました。

どくだみは漢方では「十薬」と言われています。この十薬には10以上もの多くの効能があり、日本三大薬草のひとつになっています。どくだみにはお肌の炎症を抑える効果がありますので、汗ばむことも増えた夏のお肌トラブルに効果が期待できます。

ぜひお肌のケアにどくだみ湯を試してみて下さいね。

関連PAGE 6月はどくだみ湯!薬草風呂はアトピーに効く⁉

 

7月【桃湯】

桃の葉

日本では、江戸時代から夏の土用に桃湯に入るという習慣があります。桃は中国の植物で「魔除けのチカラがある」と言われているそうです。

桃と言えば甘くて人気の果物ですが、7月は桃の葉を使った桃湯です。

桃の葉には美肌効果が高い成分が含まれており、日本では古くから江戸時代から夏は桃湯が親しまれてきたそうです。

夏の土用は立秋前の約18日間のことを指します。

夏の土用は、桃湯に入って邪気払いと美肌効果で元気になりましょう!

関連PAGE 7月 夏の土用に桃湯に入ると魔除けになる⁉

 

8月【薄荷(ハッカ)湯】

ハッカはシソ科ハッカ属に分類される植物として栽培されているハーブです。日本語では「ハッカ」、英語では「ミント」と呼ばれています。爽快なスーッとする成分は、ハッカに含有するハッカ油という精油によるものです。

ハッカを使ったお風呂ではお肌に心地よい涼しさが感じられ、暑い夏にはお肌の熱を下げてくれるので特におすすめです。

夏は薄荷(ハッカ)のお風呂でスーッとして冷涼感を感じましょう!

関連PAGE 8月 暑い夏は薄荷(ハッカ)風呂で疲労回復!

 

9月【菊湯】

9月9日は「重陽(ちょうちょう)」の節句と言われ、「桃の節句」や「端午の節句」などに並ぶ五節句のひとつです。

9月9日はもっとも大きい「九」が重なっていることから、日本では奈良時代には貴族たちの宮中行事として、菊を飾ったり菊を浸した菊酒を飲んで重陽の節句を取り入れられたそうです。

今では重陽の節句は、他の節句に比べると馴染みが薄くなっていますが、命を尊い健やかで健康な日々が過ごせるように、菊湯を楽しんでくださいね。

関連PAGE 9月は菊湯でカラダを温めて夏のたまった疲れを癒す!

 

10月【生姜湯】

10月はだんだんと肌寒くも感じる季節の変わり目。体調を壊しやすい時期でもあります。

体調を壊しやすい時期でもある10月のお風呂「生姜湯」で、カラダの芯から温まって冷え性予防や改善でいきましょう!

温浴効果と香りも楽しめる「生姜湯」です。

関連PAGE 10月は季節の変わり目!生姜湯でカラダを芯から温める

 

11月【みかん湯】

11月の季節湯は「みかん風呂」です。みかんのお風呂に使われるみかんの皮は、漢方薬で「陳皮(ちんぴ)」と言われているものです。

みかんの皮にはリモネンという精油成分が含まれていて、保温効果やリラックス効果などに優れています。

またビタミンやクエン酸で乾燥するお肌をうるおして美肌効果や体臭予防にも期待ができます。

関連PAGE【季節湯】11月はみかん風呂!陳皮(ちんぴ)の効果効能とは?

 

12月冬至 【ゆず湯】

日本では、冬至に入るゆず湯で邪気を払ってくれるという風習が江戸時代からあります。

冬至とは、1年中でもっともお昼が短く、夜が長くなる日です。

ゆず=融通がきく、冬至=湯治(とうじ)の語呂合わせから始まった習慣です。
もともとは「一陽来復」の運を呼び込む前に、厄払いするための禊(みそぎ)だとも考えられています。

ゆず湯で元気に冬の寒さを乗り切りましょう!

関連PAGE 2021年の冬至はいつ?ゆず湯に入って邪気を払おう!

 

お風呂のしあわせ効果でリラックスしましょう

お風呂のしあわせ効果でリラックスしましょう!

こちらの自分に合った好きな香りもおすすめ!ぜひ癒されてくださいね。

 

日本のお風呂文化 季節湯一覧

季節湯の作り方と効能をご紹介しています。
1月松湯 2月大根湯 3月よもぎ湯 4月さくら湯
松湯
5月菖蒲湯 6月どくだみ湯 7月桃湯 8月ハッカ湯
桃の葉
9月菊湯 10月生姜湯 11月みかん湯 12月ゆず湯
生姜湯

 

\重炭酸イオンのチカラでしっかりと血流改善/

コメントを残す