アロマオイル(エッセンシャルオイル:精油)とは

アロマオイル(エッセンシャルオイル:精油)とは

エッセンシャルオイル(精油)の定義

エッセンシャルオイル(精油)の定義

エッセンシャルオイル(精油)は、植物の香り成分を抽出した天然100%のエッセンスです。

AEAJはエッセンシャルオイル(精油)を次のように定義しています。

精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、果実、心材、根、種子、樹皮、樹脂などから抽出した天然の素材で、有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質である。
各植物によって特有の香りと機能を持ち、アロマテラピーの基本となるものである。

出典:AEAJ による精油の定義

エッセンシャルオイル(精油)の特徴

エッセンシャルオイル(精油)

エッセンシャルオイルの特徴的な性質ですので、使うときは覚えておきましょう。

芳香性

エッセンシャルオイルは、植物ごとの独特の香り(華やかな香りやさわやかな香りなど)を放つ性質として芳香性をもっています。

揮発性

常温で空気中に放置しておくと蒸発(液体が気体になる性質)することを揮発性といいます。

エッセンシャルオイルは、小皿などに垂らしておくだけで少しづつ揮発してしまうため、使用後の瓶のふたは速やかに閉めましょう。

親油性・脂溶性

エッセンシャルオイルは、油に溶けやすく水に溶けにくい性質があります。

水分の多い湯船などにエッセンシャルオイルを入れる場合は、無水エタノールなどに混ぜてから、水になじませてから使います

引火性

揮発した物質が空気と混ざりあって、他からの火や熱が移って燃え出す性質のことを引火性と言います。

エッセンシャルオイルが火が燃え移りやすいので、火のそばで扱わないように注意が必要です。

エッセンシャルオイル(精油)の購入前のポイント

  • 100%天然成分で作られたエッセンシャルオイル(精油)を選ぶ
  • 成分の明記がなく困ったときは、精油(エッセンシャルオイル)と明記されているかを確認する
  • 精油は光や熱によって成分変化してまうため、遮光ビンに入ったものを選ぶ

エッセンシャルオイル(精油)開封後のポイント

エッセンシャルオイル(精油)

  • 使用期限を1年を目安に使い切る(柑橘系は3~6ヵ月)
  • フタはしっかりと閉め、立てて保管する
  • 直射日光や紫外線の当たらない場所で保管する
  • 高温を避けた場所で保管する
  • お肌トラブルになるため、原液は直接お肌につけてないように注意する
  • 光毒性のある(グレープフルーツ・ベルガモット・レモンなど)を含む精油は日中の使用は避ける

おすすめのアロマブランド

ニールズヤード レメディーズ(NEAL'S YARD REMEDIES)
本物の香りと質を追求したエッセンシャルオイル

オーガニックを可能な限り、厳格な基準を持つ英国ソイルアソシエーション認定をクリアした原料

*AEAJ認定精油:オーガニックの優しい香りがおすすめ

\ニールズヤード /

 

 

 エンハーブ(enherb)

ハーブの専門店のエッセンシャルオイル(精油)へのこだわり

  1. 植物の花、葉、果皮、実、茎、根、種、樹皮などのエキスから抽出した天然100%の精油のみを使用
  2. エッセンシャルオイルのラインナップのほとんどがオーガニック認証(ACO・USDA)を取得
  3. 自然の香りがチカラ強い
  4. 豊富なエッセンシャルオイルがそろっている(57種類)

<オンラインショップ>

     

     

    生活の木

    初心者も始めやすいサイズは 3mLから1,000mLまで幅広いラインナップ

    • AEAJ日本アロマ環境協会の「AEAJ表示基準適合認定精油」として認定。
    • 精油は全170種類以上

    <オンラインショップ>

    楽天市場で【生活の木】の精油を探す

     

     

    免責事項(お願い)

    アロマテラピー・アロマセラピーは、医療ではありません。
    病気やケガで治療中(投薬中)の方や持病のある方は、担当医師に相談の上、医師の指示に従ってください。
    当サイト内の掲載(記事)情報は、ご本人の判断で、自己責任のもと、ご利用願います。アロマテラピー・アロマセラピーは、天然の植物から抽出されたもの(精油など)を使用するので正しく使えば安全に楽しめますが、使用方法を間違えると思わぬ事故につながるおそれがあります。万が一、ケガやトラブルや、その他について発生した際には、一切の責任を負いかねますので、ご了承願います。
    充分、気をつけて楽しいアロマのある暮らしを楽しんでください。

    \重炭酸イオンのチカラでしっかりと血流改善/

    コメントを残す