【季節湯】4月はさくら風呂で心とカラダをリラックス⁉
スポンサーリンク

日本の春と言ったら、やっぱりきれいな「桜」ですよね。

4月の季節湯は「さくら湯」です。

お風呂に広がるさくらの香りは、日頃の疲れた心とカラダを癒してくれますよ。

さくら

この記事でご紹介していること……

  • さくら湯の効果
  • 樹皮でつくるさくら湯の作り方
  • さくら湯を作るときの注意点

 

 

スポンサーリンク

さくら湯の効果

季節湯入浴剤

さくら湯と聞くとイメージは花びらを思い浮かべますが、さくら湯では薬湯として効果が期待できる桜の樹皮を使います。

さくらの樹皮を煮詰めた抽出エキスには、咳を鎮めたり、湿疹やうちみなど炎症を抑える効果があると言われています。

スポンサーリンク

さくら湯の作り方

季節湯入浴剤

  1.  ソメイヨシノ・ヤマザクラ・オオシマサクラなどのさくらの樹皮を剝ぎ取ります。
  2.  剥ぎ取った樹皮を刻んで日干しにしておきましょう。
  3. 乾いた樹皮50gを布袋などに入れて、お鍋でお水から15分~20分ほど煮出します。
  4. 煮汁と樹皮の入った布袋といっしょにお風呂に入れたら、さくら湯の完成です。

 

花びらも一緒に浮かべると優雅な気分を味わえて春の気分を堪能できますね。

 

スポンサーリンク

さくら湯を作るときの注意点

公共のさくらを傷つけない

最近ではお花屋さんなどで桜が枝が売られていたりします。

サクラの枝はご購入されたものなどを使ってくださいね。

漢方薬局でも桜の樹皮がありますので、そちらも相談されてみてください。

 

さくら湯エキスのを洗い流す

さくら湯のエキスがお肌についたままの状態では、お肌のトラブルになる可能性があります。

お肌の弱い方は特に注意してくださいね。さくら湯の後はシャワーなどで洗い流すようにしておきましょう!

残り湯をお洗濯に使用しない

さくら湯をお風呂のお洗濯に使うのはおすすめ出来ません。さくら湯の色がお洗濯に付着してします可能性があります。

サクラの花びらを浮かべて優雅にリラックスしましょう

さくら

日本にとって特別な桜です。

春の気分を楽しめるだけでなく、見た目も可愛くうれしい気分になれる日本のお風呂です。

4月のお風呂は桜の花びらを浮かべて優雅なバスタイムを!

桜の香り入浴剤

サクラエキスが入った入浴剤は、いつでも春の桜を感じられます。

桜色(ピンク)の入浴剤は、身体に心地よい気持ちも与えてくれますよ。

桜の香りと桜色をお風呂でぜひ楽しんでくださいね。

関連PAGE 【桜入浴剤】いつでも春らしい桜色と香りを楽しめる!

 

香りのPAGE
 自分に合ったよい香りでのリラックスは心のケアにおすすめ!
その日の気分に合わせて好きな香りの入浴剤をプラスして、リラックス効果で毎日を幸せ気分にしていきましょう!
心地よい香りには、神経や精神状態にいい影響があります。
<ウッディ系>森林浴のような木々のさわやかな香りが特徴
ひのき:さわやかな木の香り
<オリエンタル系>南国にいるようなエキゾチックな香りが特徴
イランイラン:甘いフローラルな香り
サンダルウッド:お香のような落ち着く香り
<ハーブ系>ハーブや薬草のようなスッキリとした香りが特徴
ローズマリー:頭がクリアになるような刺激のあるシャープな香り
    <樹皮系> 持続性が高く重圧感のある香りが特徴
    フランキンセンス:スパイシーの中にほのかに甘いレモンを感じる香り
    日本のお風呂!季節の香りは12種類
    松の葉 大根 よもぎ さくら 菖蒲 どくだみ  薄荷(はっか)  生姜 みかん ゆず

      \重炭酸イオンのチカラでしっかりと血流改善/

      コメントを残す






        スポンサーリンク

        Twitterでフォローしてね

        pickup